DIY EpisodeⅡ第十一章『玄関完成、年越し、テレビラック編』

2018.12.27

 

この日は朝九時過ぎより現場入り。

 

玄関の棚板をカットしました!

 

木くずが出るのでカットはなるたけ屋外で行います。

 

ホワイトウッドを切り分けて角は紙ヤスリで整え、

 

梁の間へ組み込みます!

 

玄関にも電源が欲しかったのでボックスを作り配線を分けて組み込みました。

※この程度の接続は少し知識があれば出来るのでやってしまいますが、電気工事士でなければ基本いじってはいけません。

必ずブレーカーを落として作業します。あくまでも自己責任です。。

 

夕方過ぎには柱部分に黒で塗装を行い少し見栄えが変わってきました!

 

棚板の角部をサンダーで整えて。

 

こちらがサンダー。

いわゆる電動ヤスリです。

 

梁の縦に伸びた部分をグラインダーでなだらかに削りました!

 

さらに黒く塗装し、他の棚木部はウレタン塗装を行いました。

一度塗。

二度塗り。

 

この日の作業はここで終了!

 

2018.12.30

 

いよいよ年越しも近くなってきたこの日は洋室ドアがあった部分のサイド、壁紙をスクレーパーを使って剥がし作業です。

 

 

お次は一階、洋室の天井裏に寝室との防音効果を高めるため、以前に遮音シートを敷いた上に更にグラスウールを敷きます。

こちらはなんとメルカリで3000円で購入。直接取りに行き送料無し!

 

ビローン、と伸ばして必要サイズにカット。

 

丁度、まだ使用していなかった長材があったのでこれを利用。

 

先端を長い材料にテープで剥がれないように固定し、

 

詰め込みました。

 

もう片側もズズズっと。。

 

断熱材の挿入が完了したのち、この材を本来の用途に加工。

 

長さを合わせて。

 

アーチ向かって左側の柱完成!

 

そして念のため塗装前にシーラーを塗ると、なんかふやけて来たので剥がすとベリベリと剥がれる下地がまだありました。

これがけっこう大変で、、

こういった傷跡が多数でてしまったのでパテ塗りも必要で、なかなか難儀しました。。

 

2018.12.31

ついに大晦日。

家族は帰省中、年越しは予定無し!

朝からリフォームに没頭しました(笑)

 

まずはパテ塗り続き。

 

そしてカスを片付けて、、

 

こちらの塗料で塗装!


カンペハピオ アレスアーチ アーチスカイ 1L

 

とても良い色が出るのでお気に入りの塗料です!

 

塗装完了!

乾燥すると良い水色になります!

 

アーチを中心に左右対称になりましたー!!

美しい!素晴らしい!!けっこう達成感だったのを覚えています!

 

ビフォー。

最初はただの壁でした(笑)

 

その後、大晦日に控えてテレビとテレビ台を持ってきました。

しかし、アンテナ線を繋ぐも、テレビは付かず、、、せっかく持ってきながら紅白を見ながらの作業は断念。。

 

その後、施工ボードの裏面をホワイトで塗りました。

 

手前はマスキングしてなかったので淵以外を塗装。

だいぶ良い感じです!

 

そして、

 

年末の寒い中、暖房無しでの作業はしんどいく、、

テレビも映らなかったし、年末くらいは早めの切り上げ。

 

緑のたぬきで年越しそば。

 

そしてプロジェクターでゆっくり紅白を見ながら年越ししました(笑)

 

そして年は明け、2019.01.01

 

元旦。

 

朝からホームセンターへ。

 

コーナンはやっておらず、ロイヤルホームセンターへ来ました(笑)

 

この日、必要な材料をカットします。

 

現場へ戻り、作業続き。

 

施工ボードの下部が止まっていなかったので固定します。

 

もともとドアがあった場所なので下部に梁など無く、自分でSPF材をカットして固定しました。

 

玄関棚の塗装完了!

だいぶ雰囲気がよくなりました!

 

ビフォー。いい写真がなく分かり辛いですが、この右側の壁とドアがここです。。

 

さて、次なるステップへ進みます!!

 

床の間!!

 

まずはペンキ塗り!

 

 

丈夫も淵まで白く塗ります!

 

リビング裏側の施工ボードも塗装まだだったので、こちらも処理。

木ねじのパテが甘かったので重ね塗り。

こいつには世話になります!

ヘラ。あるとなにかと便利です!

その後、乾燥させ、ホワイトで塗りましたー!

 

そしてついでに1.5mほどの材料もついでに塗装。

その後使用します!

 

そして次はこの右側の材を使用して、

 

棚板を制作!

 

このままでは荷重に耐えられないので、

アングルを端材でジグソーで加工し、制作。

 

アングルで棚板を固定!

これで強度ばっちりです!

 

更に棚の下にポールを取り付け、

 

玄関先にコートなど掛けれるようにしましたー!

イメージは来客用(笑)

 

そして先ほど白く塗った長材を天井に固定。

 

そこへプロジェクター用のスクリーン(100インチ)を取り付けましたーー!

なんと横幅200cm!!

これがやりたかった(笑)

 

とりあえず色々やりながら元旦に玄関が完成しました!

 

床の間も白くなり施工の準備完了。

 

元旦の作業も日を回ったところで終了。

 

翌日、2019.01.02

 

翌日はテレビラックの材料となる木材の下処理。

 

表面をサンダーで整えます!

 

 

削ったあとはコンプレッサーで粉を払います。

 

サンダーでの加工は粉まみれになるので作業着&マスク必須、できれば帽子も。

 

天板に使う杉の無垢材も表面処理。

 

そして次、

天井で余っていたフローリング材を利用して

 

床の間のサイドを埋めてウッド調にアレンジ。

 

2×4材をカットし、

 

ラック背面部に木ねじで取り付けます。

同じように下部にも木材を取り付け。

 

背面部に杉の無垢材を6枚固定しました。

 

棚板は両サイドに天板の奥行に合わせた材を打ち付け、上にのせている形です。

 

棚板がハマることを確認し、ラック作り。

材料の値段が高い為、丁寧に仕上げます。

木ねじを通す下穴を空け。

木ねじの頭が出ないように穴の入口も加工。

 

両サイドから固定。

ネジを打ち込む際に安定するよう、真ん中を端材で支えます。

両サイドが固定出来たらセンターも固定。

イメージ通り作っていきます。

 

立ててみます。

 

すると少々の出っ張りが、、

 

そんな時は、グラインダーで削ります。

 

高さが合いました!

 

ここに天板を乗っけて。

 

ビス止め完了!

 

次に、見辛いですがラック背面の無垢材にラックの高さに合わせた穴を空け位置にケガキを入れます。

 

杉材に無垢材がラック幅に加工。

すると右側が飛び出ていたので、

ラック背面のスペースに合わせて加工。

 

完了。

丸鋸と手ノコで丁寧に作業です。

天板はミスが出来ないのでかなりデリケートな仕事でした。。

 

次にラックの背面版に書いたケガキにドリルで穴あけ。

 

材料が4cmほどの厚みだったのでドリルの歯も細くから徐々に太くし、三段階で穴あけ。

 

穴あけ完了!

 

 

丸鋸の歯が入らないような場所はジグソーが役に立ちます!

 

次にオーディオ用のコンセントもボックスで設置。

配線は後日、電気屋さんに行っていただきました。

 

次にプロジェクターを固定!

 

プロジェクターの電源を拾うためのダクトレールも設置。

 

こういった長物を設置する際はこの様な固定具が重宝します!

 

ダクトレール用のコンセント挿し口。

白かったのでマッキーで黒く塗りました(笑)

 

良い感じです!

プロジェクターの近くに設置!

 

時刻は日付が回り午前一時頃。

 

この日の作業は終了です。

 

一日作業してかなり進みました!

 

次回、古屋を自分でリノベーション EpisodeⅡ第十二章『テレビラック完成、天井完成、床下湿気防止処理!』

 

お楽しみに下さい!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。