DIY 十五章 『キッチンテーブル、棚作り、第一子誕生』

2016.8.17

 

前回の脱衣所作りから四日後。

この日は家具作り。

昔からキッチンカウンターに憧れがあった自分。

こんなのあったら便利だなーと。

こういう風に細々と物が置けるのも便利でオシャレだなと。

それ等をここのスペースに。

ちょうどよい写真がなかったのでリフォーム前の写真ですが、、

もともと引き戸があったのですが全てとっぱらったので殺風景。

色々アレンジのし甲斐がありました。

とりあえず柱の手前にはこの棚を製作済なので、

柱の向かって左側に製作を検討。

 

計測し設計図を作りました。

 

2016.8.26

 

キッチンカウンター着工。

完成!

作るのに夢中で詳しい写真撮り逃してしまいました。。

なので今現在の写真で工夫を解説します(笑)

まずは正面下から。

支えにはフローリング貼りの土台の根太で余った2×4材を利用。

天板はパイン材と端材でもらったフローリング材を合わせて使用し、強度を増しました。

しかし、問題は人が天板にひじなどで寄っかかった際にしっかりと体重を支えられるか。

そこで裏を余ったフローリング材でこれでもかと言うくらいに長さ5cmの木ネジで両サイドの柱と固定しました。

向かって左の柱はもともとあった柱で、右側の柱は新たに設けた2×4材の柱です。

これだけ打ち込めば頑丈です!!

そして上側の色々引っ掛けられるこちら。

これはIKEAで購入したこちら。

IKEA(イケア) FINTORP 20213840 レール, ニッケルメッキ

これに。

IKEA(イケア) FINTORP 80213856 フック, ニッケルメッキ

こちらを装着し、上に施工!

これにより色々引っ掛けられて便利になりました!

そしてテレビ台も欲しいなと思って。

簡易的に長めのテレビ台も作りました!

天板はヤフオクで破格にて購入したこれらの材を真っ二つにして使用。

ポールはコーナンに売ってました丸ポールを利用しました。

WS 丸ポール PP-250

長さ別に売られていて棚作りには便利です。

この日の作業はこれにて終了。

その三日後。

 

2016.8.29

 

こんな棚、キッチンにあったら便利だなーと。

作りました!

こんな物もあったら色々引っ掛けられてべんりだなーと。

作りました!!

このハシゴの様な物は端材にて作製です!

今では鍋などいろいろ引っかかってます(笑)

かさばらなくて便利な棚?です!(笑)

元ネタはニトリのこちらの突っ張り棚。

こちらを自身が家具としてリュック掛けなどに使っているのですが、こちらのアイディアをフローリング材の端材で応用して作りました!

柱受けはこちらを利用!

若井産業 WAKAI ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム 2×4 ディアウォールS ダークブラウン DWS24DB

これがあれば2×4材を利用して壁に釘を打つことなく柱を組めるので、賃貸でもオリジナルの棚を施工する事が可能になる優れものです!

 

※他サイトから転載。

 

diyには素晴らしい商品だと思います!

よく見ると私が作れたいなーと思ったキッチン棚の写真もディアウォールが使用されていました(笑)

この日の作業はこれにて終了。

 

そして、、

 

2016.8.30

 

この日は火曜日でした。

出産により実家帰省中の嫁さん宅より連絡。

 

「産まれそう」と。

 

ついにその時が来ました。

私はドラムのレッスンで午前中から主婦の皆様へドラムを個人レッスン指導。

その最中、主婦の皆様へ「実は今産まれそうなのです」

と話すと、主婦の皆様は「仕事してないで今すぐ行ったほうがいいわよ!!」

と4人ほど連続で言われ、、

「これは行くしかないか!」

と、その後のレッスンを振り替え連絡を行い、航空券を当日券で手配し、羽田空港へ!!

時刻は15:00頃、場所は平塚!

羽田の長崎行き最終フライト受付は17:30!

間に合うか!?

 

17:20頃日本語羽田空港到着!!

 

駆け込みでチケットを発券し、搭乗!

 

ホントギリギリでしたー。。

そんな感じでドタバタでしたが、なんとか長崎へ飛びました!!

目的地は佐世保、長崎空港からバスで1時間半ほどあり、佐世保へ着いたのは23:30頃だったのを覚えております。

その日の夜中、陣痛は強まり、奥さんの実家へ到着早々そのまま病院へ。

 

陣痛と戦う奥さんを見守りながら一夜明け。。

 

2016.8.31

 

9:50頃。

 

ついに第一子、産まれました!!

 

 

母子ともに健康です!

 

 

2日掛けて頑張ってくれた奥さん。

お産に立ち会えてよかったです、、ホントにすごかった。。

こうして産まれたばかりの我が子へ会えた感動は一生ものですね。

そして背中を押してくださった生徒の奥様方にも感謝です、、

生命の神秘がそこにありました。

 

翌朝、生後一日の我が子と、お産を命がけで頑張ってくれた奥さんに別れを告げ、家族の為に気合い入れて家を完成させるべく、帰宅しました!

 

今回のブログはここまで。

 

次回、十六章『リビング壁作り、洋式トイレ施工』

に続きます!

 

良かったら1クリックお願いいたします!
⇩⇩

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。