DIY 八章 『キッチン組み込み、壁の漆喰塗り』

2016/4/30

前回の作業から4日後。

この日は調理台の天板の固定と排水ホースの接続です。

天板のシンクスペースのカット、そして耐水対策の為のニス塗りまでが完了した調理台。

※写真は前回の引用

今回は下準備の完了した天板を土台に固定する作業です。

まずは天板の設置。

コーナンのアングルコーナーにて、丁度よい企画のアングルを探し買ってきました。

物は違いますが、参考に、形状的にはこういったものです。

これならば天板と土台をしっかりと固定できます。

各角ごとに合計6ヶ所取り付けました。

次に手作りのサブシンクから裏を通してメインの排水トラップへ繋げます。コーナンにて以下のようなものを購入。

カクダイ 流し台用ホース ねじこみ式 40・50兼用 1.5m 4544-1.5

こちらはサイズが40・50兼用なので便利です!

ダブルシンクの排水トラップはこんな感じです。

三栄 流し排水栓

私は処分したキッチンの物を取っておいたのでそちらを流用。

このサイドの穴へサブシンクのホースを繋ぎます。

いい長さにしないとメインの排水トラップへ水が上手に流れないので、ホースの長さ調整にはなかなか奮闘。

流れを確認しては、ホースのカット調整を繰り返し、良い感じの流れになるまで微調整しました。

いい感じの流れを維持できたところでついに調理台組み込みです!

 

いや~、頑張りました!

せっかくなので少し振り返りつつ。。

これから。

穴だけになって。。

組み込み完了~!

水か安心して流せる感動!

水を流せなければ手も洗えず。。

シンクが取り付くまではバケツを下に置いて手を洗う様な感じでしたから。。

ガスコンロは、運良く実家に貰い物の未使用品かあったため、無料!

作業はホースの調整など時間が掛かり、一日キッチンに掛けて作業はここで終了。

この頃、キッチンの位置が確定したところで1つ問題が発生。

新しく作ったダブルシンクでは、シンクがそれぞれ広くなった事と、シンク同士に少しながら以前よりも距離が生まれてしまった為、水道の首がシンクのセンターに届かず、、

このままでは洗い物が満足にできない!

ある程度予想はしていたのでいろいろ探して出した答えがこちら。

ホームセンターに相談しに行きましたが、この様な商品はありませんと言われ断念。。

色々悩み、これで解決しました!

クリタック 業務用節水シャワー クリシャワーSW(首振りタイプ) SFSWK-1521

このアタッチメントによって首が回るようになり、両側のシンクの真ん中まで水を飛ばせるようになりました!

こんな感じでシャワーの方向が自由自在!

大変便利なアイテムでした!

節水にもなるしシンクの掃除とかにも、首が回るのでとても使い勝手が良いです!

角蛇口対応らしいので、家の水道をシャワータイプにしたい方にはいいと思います☆

2016/5/1

いよいよ引っ越し1月前まで迫ってきました!

ゴールデンウイークと言うことでここからスパート掛けていきました!

 

キッチンが設置出来た事によりライフラインの一つ、水回りが完了!

なので1階での作業がひと段落!

この日は久々に2階での作業です。

そしてついに来ました!

壁の漆喰塗り!

助っ人にシンゴと中学の同級生であるフカが来てくれました!

道具はあらかじめアマゾンで購入し、用意してありました!

用意した漆喰はこちら。

On the wall(オンザウォール) ひとりで塗れるもん コテノスケ(ピュアホワイト)22KG

漆喰を塗るためにはコテとコテ板が必要となります。

私は剣先コテを購入。

カネ千代 パワーモルタル鏝剣先 300ミリ

そしてコテ板はこちら。

カネカ 左官用コテ板 小スベリ止加工付 No.1

それぞれ慣れるまでは使うのに苦戦しましたが、慣れてしまえばバッチリ使えると思います!

金属のコテも試しましたが、角が鋭いのと重量がある為、プラコテの方が使いやすい印象でした。

プロともなると繰り返し使うので強度の高い金属コテのが良いのでしょう。

っとまぁ、三人でやったので3セット用意しなければならなくなったので少々道具にお金が掛かってしまいましたが、

ワイワイ仲間と楽しく漆喰塗り!

メンバー誰一人として漆喰作業の経験などはありませんでしたが、なんとか塗り終える事ができました(笑)

そしてなんと、

ワイワイ作業していたのと、慣れない漆喰作業により手が漆喰だらけだったため写真撮れず!!

夢中になっていた事もあり写真を撮るのを忘れてしまいました、、

ちなみに塗る前の部屋はこんな感じです。

漆喰を塗る前のワンポイント!

壁紙はなるべく剥がします。

剥がれ浮いた部分に漆喰を塗ると漆喰が壁に密着せずムラになってしまう為です。

特に端の浮いた壁紙は剥がしてから漆喰作業を行ってください。

 

この時の写真は撮り逃してしまいましたが、別件で壁を塗る機会があったので、そちらを元に紹介しましょう。

改めて漆喰作業に必要な道具を簡単にまとめます。

漆喰塗りで必要な道具がこちら!

全て依頼主にホームセンターで購入していただきました。

まずマストアイテム!!

・コロナマスカー

アイリスオーヤマ 養生 マスカー 布テープ 1100mm×25M グリーン M-NTM1100

漆喰作業は床へ垂れまくります!汚したくない箇所への保護がまず最初の作業です!

・マスキングテープ

3M スコッチ 塗装用マスキングテープ 18mm×18m M40J-18

マスキングテープで角や辺を綺麗に仕上げます!

・金属ヘラ

アレックス(ALLEX) へら Y型 斜め刃 23203

金属ヘラは、壁紙剥がしやマスキングテープのカットに必要です!

これを角に押し当ててカットする事で、角一杯まで美しくマスキングテープを貼ることができます!

この時依頼された現場がこちら。

年季を感じます。。

さっそく作業開始!

まずやる事は養生(保護)です。

養生をしっかり行えば、汚れを気にせず作業が可能となります。

跳ねる可能性もあるので養生は幅広く行いましょう。

そして角や辺を綺麗に仕上げるためにマスキング。

はみ出てはいけない境界線をきっちりガード。

漆喰は厚みがあるので際きっちりでなく、少し余裕をもたせてマスキングしてOKです。

コンセントなどがある場合はコンセントもしっかり養生しましょう。

下準備が整ったところで塗り作業開始です。

珍しく私が作業している写真を撮っていただきました(笑)

この時はもうリフォーム作業を終えた後だったので漆喰作業は慣れたものです。

漆喰のいいところはこの様な崩れ落ちた壁も、塗りつぶして綺麗にする事が出来ます。

この様に崩れてしまったボロボロの壁も塗りつぶしてしまえばOK!

塗り終えた写真がこちら!

この時5kgのうま〜くヌレールを購入して作業したのですが、結果、5kgではここまでしか塗れませんでした。

5kgではひと壁分ですね!

途中の部分は翌日買い足して塗り切りました!

際や角もマスキングを剥がしていい感じ。

マスキングテープは漆喰が乾燥する前に剥がしましょう。

完全に乾燥しきってしまうと、漆喰が割れてしまい上手に剥がせなくなるので注意!

ある程度柔らかい状態で剥がすと良いです。

依頼主からも満足して頂けました!

 

さて、自宅の話しに戻しましょう。

シンゴとフカとで作業した初めての漆喰塗り。

みんなそれぞれのスタイルを確立し、フカに至ってはコテ板を使わず直接ゴム手で塗りたくってました(笑)

確かに剣先コテとコテ板を使いこなすのはコツをつかむのが大変です。

友人2人とワイワイ作業する事6時間くらい。

用意した22kgの漆喰『ひとりで塗れるもん』3本分66kgが、2部屋終えたところで無くなりました。

On the wall(オンザウォール) ひとりで塗れるもん コテノスケ(ピュアホワイト)22KG

塗り方にもよると思いますが、一部屋で40kgちかく消費することになります。

3部屋目が1番壁面積が広いので、あと2本は必要な感じです。

しかしながら、漆喰塗りで最も苦労したのは角や狭い範囲。。

表面はガンガン塗れますが、角に限っては上手に剣先コテが使えません。。

そこでシンゴが編み出した作戦が、チューブ作戦!

ビニール袋に漆喰を入れて、ビニール袋の角を切ってチューブ状に漆喰を出す!

ケーキのクリームをチューブ状に塗るときに使うあれと同じ要領です。

これにより角や際に直接漆喰を塗ることに成功!

塗ったあとは指でなぞって慣らしました(笑)

っとまぁ何はともあれ、漆喰は下手でもそれっぽく仕上がるからイイですね(笑)

剣先コテも慣れれば角や辺なんかへっちゃらですけどね!(今となってしまえば余裕。。)

そして完成画像です!

これが、、

こうなりました!

 

って、ちょっと写真が未来ですみません、、撮り逃していたもので写真は床作業へ入っています、、

見辛いですがこちら2部屋目。

ボロボロだった壁紙の壁でしたが、シンゴとフカのおかげで綺麗になりました!

2人に感謝!

無事に塗れたところでこの日の作業は終了しました!

市販の完成された漆喰二種『ひとりで塗れるもん』と『うまくヌレール』両方を使ってみての感想です。

柔らかさはうまくヌレールの方が柔らかいです。ひとりで塗れるもんの方が少し固めな漆喰となります。

個人的にはひとりで塗れるもんの方が量もコスパも良く、且つ塗りやすい印象でした。仕上がりに関してはさほど変わりません。

後にコストを抑えるために粉漆喰も使いました。

大和しっくい 20Kg

こちらを購入。

20kgで3000円!完成(ひとりで塗れるもん)が22kgで1万円なのに対して断然安い!!

が、しかーし!!

素人には進めません!!

混ぜ具合が難しい!!

水っぽい!!

仕上がった漆喰がどれだけ塗りやすいことか、、

混ぜるのもホントに大変で、、しかも大きな容器が無いと量混ぜれないし、しかも混ぜるのにホント体力が必要です。。

※写真はかなり先の写真です。この時点では使用しておりません。

私は経験した上で使用した為、粉漆喰でも作業する事が出来ましたが、初めての方は大変だと思いますよ!

トイレの壁を塗るのに粉漆喰を使用したのですが、この桶に4回くらい漆喰を作りました。分量と水を調整しながらだいたい30分くらい混ぜるのに時間を要しました。

でも、粉漆喰はコスパは最強です!(笑)

値段も1/3以下!量も水と混ぜて使用するため完成売りよりも3倍くらい塗れるかもしれません!

ちなみに仕上がりは、粉漆喰の種類にもよるかもですが、私が試した大和しっくいはガチガチに固まるので固い光沢めな仕上がりとなります!

うまくヌレール、ひとりで塗れるもんなどの完成品の漆喰は艶消しのマイルドな仕上がりとなります。

ご参考に下さいませ!

次回、九章『ガラス引き戸の淵塗り、フローリング貼りスタート』

 

良かったら1クリックお願いいたします!
⇩⇩

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。