DIY 四章『キッチン処分、トイレ土台設計、製作』

2016/3/23

この日は1人作業です。

この日の作業目標はキッチンの処分とトイレの土台作りの下準備です。

午前10:00頃から作業開始!

孤独な戦いのゴングが鳴りました!

こちら、前回解体したキッチン達。

主に右側にあるキッチン回りの大物が4点。

そしてこちらはその後に外した吊り棚で、こちらを入れて全5点の処分です。

普通なら多分これをそのまま粗大ゴミに出すでしょう。

それもありですが、ここでも節約です!

このまま私の地域で粗大ゴミとして処分すると、全て特別大型ゴミとなり、1点につき1000円、全て捨てるのに計5000円取られます。

節約リノベーションなので言うまでもなく処分にそんな金額は掛けたくありません。

そこで、壊してたたんで捨てることにしました。

用意したものはこちら。

バクマ工業 061510420 六角L形バール 17×600mm

素手での作業は危険なのでグローブを装備して作業を行いましょう。

ショーワグローブ 【5双パック】No315グリップ(ソフトタイプ) グリーン Mサイズ 5双

物流業界では作業員御用達の通称グリップ。

ワークマンなどでも購入可能で各種サイズがあります。

軍手などとは違い、物を掴む面が完全にゴムで覆われており、皮膚の傷みをを気に掛けずに作業可能です。

重たいものを持つときなどにもゴムの踏ん張りが効くので絶大な効果を発揮する一品です!

とにかく安全第一です。

さて、解体ですが、ネジなどいちいち外さず、どうせ捨てるのでバールでバッキバキに破壊して、板にしては重ねる。

燃えるゴミと不燃に分けつつ、コンパクトになったキッチンがこちらです。

が、ここで1つ問題発生。

処分するためにガムテープで固定してまとめたのですが、ガムテープでは強度不足で破れてしまいがち。

しかも以外と布テープですと300円位するので捨てるのに結局高くついてしまいます。

捨てるためにガムテープを買うなど浪費もいいところです。

しばらく悩み、閃きました!

工業用のラップで固めちゃいましょう!!

さっそく近所のホームセンターへ。

買ってきましたこちら。

大化 ダイカラップ-HL DIWHL500

こいつがまた大変に万能なんです。

倉庫業でも少し仕事で行くことがあるのですが、そこよく品物が崩れないように固定に使うのがこのダイカラップ!

高さ50cm、長さは400mもの長さでラップが巻かれています。

これを巻けば巻くほどしっかり強度でガッチガチに固められてしかも角が丸くなるので安全性も上がります。

しかも個人使用では400mも巻ききる事はほぼ無いのでしょう。

と言うことで閃きが的を得て作戦成功!

もっと見やすく写真に残せば良かったと後悔していますが、右奥にグルグルに巻かれています。

燃えないステンレス類などは不燃ゴミとして、大型のキッチンシンクに関しては流石にシンク部分のステンレスが大きかった為にそのまま特別大型ゴミとして1000円で処分して頂きました。

ダブルシンクの配管部分は自作のキッチンに使えるので回収しておきました。

ちなみにこの時、以前出たオーブンも粗大ゴミとして処分しました。

今回も処分にオーブンも含め5500円掛かる所が努力の末、大型シンク1000円、ステンレス類のゴミ500円、オーブン500円。その他は燃えるゴミとして処分。

合計2000円で済ませることが出来ました!

そして、今回手に入れたダイカラップですが、これは引越しなどでもとっても重宝します!

後々の引っ越すときにも大変に大活躍しました!

本棚とか本はだいたい段ボールにまとめると思いますが、小さ目の本棚ならば本棚ごとダイカラップで巻けばOK!

引き出しなどもなかみをバラさず、そのままダイカラップでぐるぐる巻きでOK!!

引っ越しでは本当に役に立つので是非試してみてくださいね!

大化 ダイカラップ-HL DIWHL500

何でも固まりにしてくれる便利なツールです!

キッチンが片付いたところで次は前の週に破壊してそのままのトイレ。

このままでは作業出来ません。

粉塵マスクを着用してグリップ装着で片付けます!

3M Vフレックス 防じんマスク 9105J-DS2 レギュラーサイズ 20枚入り 国家検定合格品

1時間ほどで木くずを綺麗さっぱり掃除完了。

トイレは暗いので投光器で照らし作業を行いました。

このタイプの投光器は熱を持つので火傷に注意したり、燃えやすいものの近くでは使用厳禁です。

最近はLEDの投光器が手軽に手に入るのでそちらをお勧め致します。

安全性、省エネ、光量全てにおいてLEDのが良いです。

Ladyclare LED投光器 50W 照度25%増 LEDライト 白色 6000-6500K 角度調整可【正規品】

トイレの途中経過がこちら。

ビフォー。

アフター。

色んな意味で綺麗さっぱりです。

ちなみにトイレの取り替えですが、うちは木造だったから可能でした。

これがコンクリの土台ですと流石に個人の工具では砕けないのでセルフリノベーションは難しいでしょう。

業者にお願いしても相当なコストが掛かります。

次の工程へ進みます。

トイレの床下作りです。

床下を復元する作業に必要なのはまず設計図作り。

捨てずに残しておいた土台の寸法を測り、より強度を高めつつ再設計です。

イメージ図を製図し、寸法は現場で測っては記入して。

完成した図面がこちらです。

配管などの関係や、土台の上に貼る板の厚みなどを考えるのに苦労しましたが、なんとか製図が完了しました。

工業高校卒が活かされました。

この日の作業はここで終了。

この頃、同時にジモティにアンテナを張っておりました。

それは端材引き取りです。

探していると『端材を引き取って下さい。』

の様な投稿が数件あったので、これに問い合わせて実際に端材を頂いてまいりました。

DIYなどの端材でしょうか種類様々、頂いた端材がこちらです。

これらが無料で譲っていただけてその後様々な場面で役に立ちました。

2016/3/27

この日はシンゴと作業。

先日作った設計図を元に土台を作製します。

そしてやってきました、かれこれ今回のプロジェクトで何度行ったか分からない。。

リノベーションに限らず普段からとても便利な『コーナン』です!

店員さんにも沢山相談に乗っていただき、大変お世話になりました!

ホームセンターの良いところはそう言った相談が出来ることもそうですが、買った材料を希望の長さにカットをしてもらえる事。(形状や材質によりカット負荷の物もあり)

そして、コーナンはセルフカット場所があるのが大変便利です!

ここでは木くずを気にせず作業も出来て、工具もしっかり揃っております!

家で作業すると木くずの処理がホントに大変なので・・・

設計図を元に、シンゴとその場で組み立てまで行いました!

罫書いては切りを繰り返す。

※罫書く(けがく)とは、木材や鋼材の上に、切断や穴あけのためのガイドを記すことを指します。

設計図通りに組み上がるようにボール盤でネジ穴を開け、木ネジで固定します。

木ネジは大量に使用する場合は、箱で買ってしまうと良いでしょう。

天野製作所 コーススレッド(木用ねじ) 日本製 4.2X65(mm) 500本

コーナンでボール盤を使用する場合は、刃は持参となるのでご注意を。まぁ忘れたら売ってるので良いですが(笑)

コーナンでサクサク二人で作業すること30分ほど。

完成。

なかなかの大きさと重量になったので、半分の状態で持ち帰ることにしました。

この日は他に予定があったので作業はここまで。

その後、土台を搬入して終了しました。

次はこれに腐食防止剤を塗る工程が待っております。

 

次回、五章 『バリ島遠征、キッチン採寸、トイレ土台組み込み』へ続きます。

 

良かったら1クリックお願いいたします!
⇩⇩

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。