DIY 一章 『現場視察、リフォームスタート』

2016/2/7

リノベーションの舞台となる親戚の空き家を訪れました。

私自身も始めて来る親戚の空き家。

築年数は40年ほど。

人が住まなくなってからは約2年が経過した空き家です。

玄関先から写真で紹介していきます。

普通の家では無く、店を営んでいたので裏口が玄関となっており、一般的な住宅と違い少し作りは特殊です。

玄関入って右手にはボイラーと使われなくなった洗濯機。

さらに入ると床は土間、そして年代を感じさせる古いキッチンがありました。

キッチンの向かいには畳のリビング。

そのまま奥へ進むと店舗スペースへ通じます。
ここは元々お店を営んでおりました。

キッチン側へ振り向くとこんな感じです。

リビングのサイドにはトイレと風呂がありました。

トイレがこちら。

完全フラットの和式トイレです。

床の木は腐り、端は体重を掛けるとグラグラし底が抜けそうでした、、

ここで男性が用を足したらどうなるか。間違いなくOB必須です。

さすがにこのままでは使えません。

トイレは洋式に直そうとこの時心に決めました・・・。

その隣の風呂はこちら。

古いシャワーシステムにカビだらけのタイル。

このままでは汚くて入りたくはありません。

壁は磨いてシャワーも取り替えてしまえばいい!

お風呂はそう心に決めました。

そして2階へ上がり、住居へ。

そこには和室が広がっていました。

手前は約7畳、奥は約5畳。

こちらは広めの約13畳。

更に奥にはフローリングのトイレへ繋がる4畳ほどの部屋ありました。

二階のトイレは洋式でわりと綺麗です。

最初の7畳部屋を見渡すとなんと屋根へ続く階段を発見!?

発見した時テンションが上がりました(笑)

階段を上ると・・・。

3畳ほどの天井が低い屋根裏部屋がありました。

初日は視察にて終了。

平米数は100ちょい。

はっきり言って広いです。

まず考えたのは畳。

約一階に5畳、二階に26畳、約合計31畳分の古い畳・・・。

これが最初の難関とさっそく直面する事となるのです。

第二章、『畳の処分準備、ペンキ塗り』へ続きます!

 

良かったら1クリックお願いいたします!
⇩⇩

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。